当社商品の説明書不備について KUGADEN

[2014.8.23]
無線リモコン(2リレー子機) KK-004及びKK-004WTの説明書1枚目(色紙)の一部説明の矛盾及び説明書2枚目(白)の誤記について【1枚目5R0と2枚目2R1との組み合わせ】


[2014.8.7]
無線リモコン(2リレー子機) KK-004及びKK-004WTの説明書1枚目(色紙)の内容不備について【5R0迄】


[2014.2.16]
無線リモコン(親機) KK-003の説明書2枚目(白紙両面印刷の物)の不備について

無線リモコン(2リレー子機) KK-004及びKK-004WTの説明書1枚目(色紙)の一部説明に矛盾及び説明書2枚目(白)に誤記がございましたこと、お詫び申し上げます。

このページにて訂正させて頂きます。

<該当説明書>
説明書1枚目(色紙)及び説明書2枚目(白)
説明書1枚目(色紙) 説明書2枚目
(白)
左下の記号
@説明書1枚目 製作欄
 手順1の矛盾
A説明書2枚目の誤記
表紙部分右下
("【組立後】"の右下)の
記号
用紙を広げた状態で
右上または右下の記号
5R0(2R1) 201408-4R0 201403-2R1 矛盾・誤記あり
6R0(2R2) 201408-5R0 201408-2R2 訂正済

<該当商品の販売元及び期間>
該当商品取扱全店
(当社直販サイトを除く)にて2014年8月7日(木)ごろから販売中

<不備及び誤記の内容>

該当箇所@:製作欄(手順1)

−誤−
【手順1】基板表側の部品を次の順番で半田付けする(高さが低い物から基板の中心に近い順に半田付けする)
ジャンパー線(J1〜
J22)を数字の若い順に23箇所…

−正−
【手順1】基板表側の部品を次の順番で半田付けする(高さが低い物から基板の中心に近い順に半田付けする)
ジャンパー線(J1〜
J23)を数字の若い順に23箇所…

J22ではなくJ23が正しいです。実体図はあっております。

該当箇所A:説明書2枚目”実体図上の表記”の1行目

−誤−
J1〜
J20

−正−
J1〜
J23

J20ではなくJ23が正しいです。


2014.8.23

無線リモコン(2リレー子機) KK-004及びKK-004WTの説明書1枚目(色紙)に不備がございましたこと、お詫び申し上げます。

該当商品をお持ちのお客様には大変お手数をおかけ致しますが、当社お問合せフォーム、電話・FAXの何れかにてご連絡をお願い致します。
郵送にて訂正済の説明書を送らせて頂きます。(お急ぎのお客様にはメールで送らせて頂きます。)

TEL 03-5577-5396 FAX 020-4664-1258 お問合せフォームはこちら
※営業日時はこちら

<該当説明書>
説明書1枚目(色紙)
表紙部分右下
("【組立後】"の右下)の
記号
用紙を広げた状態で
右上または右下の記号
@ A
実体図表側の
記号間違い
実体図表側の
ジャンパ線間違い
及び製作方法の
説明文の不備
なし なし 不備あり 不備あり
なし 201402-1R1 不備あり 不備あり
2R0(2R1) 201403-2R0 不備あり 不備あり
3R0(2R1) 201407-3R0 不備あり 不備あり
4R0(2R1) 201408-4R0 訂正済 不備あり
5R0(2R1) 201408-5R0 訂正済 訂正済

<該当商品の販売元及び期間>
該当商品取扱全店(当社直販サイト含む)にて2014年8月5日(火)迄に販売した分

<不備の内容>

@
実体図表側の記号間違い

下記該当箇所の表記"1"と"4"が逆になっておりました。正しくは次の通りです。

FET1→FET4
RL1→RL4
D1→D4
NO1→NO4
COM1→COM4

FET4→FET1
RL4→RL1
D4→D1
NO4→NO1
COM4→COM1

回路図はあっております。

A
実体図表側のジャンパ線間違い及び製作方法の説明文の不備

TWE Lite DIPの22番ピン(アナログ入力1)をVCCに繋ぐジャンパー線が抜けておりました。現在のところ抜けた状態で動作させた場合の誤動作は報告されておりませんが、アナログ入力として使用しない場合はVCCに接続すべき箇所となっております。

ジャンパー線の番号に間違いがあり、製作方法に記載の説明と合致しておりませんでした。実体図に表示されている実装位置自体に間違いはありません。

実体図に表示されているFET2箇所の説明が製作方法に記載されておりませんでした。

回路図はあっております。

2014.8.7

無線リモコン(親機) KK-003の説明書2枚目(白紙両面印刷の物)に不備がございましたこと、お詫び申し上げます。

該当商品をお持ちのお客様には大変お手数をおかけ致しますが、当社お問合せフォーム、電話・FAXの何れかにてご連絡をお願い致します。
郵送にて訂正済の説明書を送らせて頂きます。(お急ぎのお客様にはメールで送らせて頂きます。)

TEL 03-5577-5396 FAX 020-4664-1258 お問合せフォームはこちら
※営業日時はこちら

<該当説明書>
説明書右下に”(KK-003取説2枚目)201402-1R0”と記載がある物
※末尾が1R1以降(1R1、1R2…)の物は訂正済の説明書になります。

<該当商品の販売元及び期間>
千石電商 本店にて2014年2月16日(日)迄に販売した分

<不備の内容>

▼両面印刷のうち、”[A] 反転動作(KK-004/KK-005対応)”の面

実体図の色分けに不備があり、KK-004(2リレー)対応で製作時に動作しません。『TWE-Lite DIP』に繋がるジャンパー線(J8)の色に間違いがあり、本来赤色表記(KK-004対応時も半田付けする)であるべきところを緑色表記(KK-004対応時は半田付けしない)となっておりました。このジャンパー線は『TWE-Lite DIP』のVCCに電源を供給し、AI(1〜4)にも繋がっている部分です。

オプション(※1)の基板裏側のショートパターン1箇所が抜けておりました。オプションの電源出力から本体回路に繋がる部分になるので、KK-004対応/KK-005対応の区別なく、本体回路に電源が供給されず動作いたしません。

オプション(※1)なしにてKK-005(4リレー)対応での製作については、実体図通りであれば問題ありません。

▼表裏両方の面

上記の不備以外で、正しい実態図に対して、説明文の誤りが複数箇所ございます。これら該当箇所では、実体図通りでの製作では問題はありません。

2014.2.16

Copyright © 2014 合同会社クガデン